ビジネスに活用出来るレベル

ビジネスに活用出来るレベル

ビジネスに活用出来るレベルに人工知能を進化させてみたいなら、優秀なハード、ツール/アルゴリズムの開発に偏らず、必要なデータをいかに速やかに大量に集めるかも一方では思っていってしまうことが不可欠なのだ。筆者も、そうしてDI(ドリームインキュベータ)としましても、日本企業が人工知能自体、あるいは人工知能を活用して進化させてみた商品やサービスで、世界レベルで勝負していける様に、ビジネスプロデュース支援を更に強化していきたい。

今回は製造業にフォーカスして話を進めたが、人工知能の活用領域を考えると、物流、建築施工、医療、介護など、人やモノとのリアルな接点が多数存在して、リアルなデータが広く集めやすく、まだここから効率化や生産性の向上が必要な領域におきましては、製造業同様、工夫するだけで日本が世界で勝負出来る余地は十分あると思ってくれる。よく言い伝えられる「日本は“ものづくり”や“すり合わせ”が得意ということで、ここから先は人工知能に機械やロボティクスが必要になるので、日本企業も優位に立てるはずだ」という論調は、間違いましてはいありませんが、そにみようかな単純なロジックでもない。

先行プラットフォーマーからの支配を逃れるのでの仕組みや、人工知能をベースにビジネス構築を飛躍的に変革する構想など、工夫した企業だけが世界で勝負出来る、ということがお分かりいただけたのではないのか。「自社に何が足りていて、何が足りていないのか」をきちんと理解し、世界レベルで足りないものを補完する行動に先手を打って出ることが、勝機をモノにすることは不可欠だ。

ただ、技術もビジネスも、仲間を巻き込みながら加速度的に進化したりする。


ホーム RSS購読 サイトマップ