企業のIT部門やビジネス部門

企業のIT部門やビジネス部門

IT部門の担当者はAI活用の本格化を前に、自社の目的に最適なAIを選別出来る「AI目利き力」のほか、「AIを育成・調教する能力」、「現行システムとつなぐ能力」を兼ね備えることが必要です。AIというと、ビジネスパーソンの多くは人間の質問に何でも回答出来るみたいな重厚長大なAIを想像しがちです。

一方、近年のグローバルマーケットでは、ライトなAIの検討・導入が活発化しているのです。これらのAIの多くはスタートアップ企業が手掛けいるが、今後は買収により、既存のSaaSベンダーに取り込まれていくでしょう。

企業のIT部門やビジネス部門は、「AIを使って何をやりたいのか、どんな方法でAIを使用したいのか」と、目的に対して適切なAIを選ぶ“目利き力”が重要となるのでしょう。重厚長大なAIとブティックAIには、おのおの得意・不得意があって、目的に応じた使いわけが必要です。

そこは「鮮度・量・精度の適切なデータの準備」、「モデリングの重要さへの理解」、「AIがビジネスにもたらす価値の理解」などが挙げられます。これのライトなAIは「ブティックAI(専門店AI)」と呼ばれ、BtoCに特化したAIや、社内データを取り込んで活用を促すようなAI、画像の解析や処理にどぎついAI、人材マッチングなど人に関係することに専門性をもつAI、特定業界に特化したAIなど多様化しています。

そのような能力を獲得し、ブティックAIの価値を引き出すための準備とはなんでしょうか。しかしていながら、それらの“ホストコンピューター的AI”は、高度な専門知識とケイパビリティをもった“AI調教師(トレーナー)”の管理のもと、莫大な時間や投資によるラーニングを経ないそしたら有効なアウトプットを生みません。


ホーム RSS購読 サイトマップ