営業活動の付加価値として実践

営業活動の付加価値として実践

こいつを用いるそしたら、売上を最大化出来るプランを簡単な操作で早々に作成するには出来るといいます。スーパーや百貨店、あるいはドラッグストアといいました小売業では、集客や売上の増加を狙ってイベントやキャンペーンと合わせて値下げを行うことが一方ならぬ。

また、これの取り組みは小売業だけでなく、消費財メーカーや卸売業でも営業活動の付加価値として実践されてるわけです。BAソフトによる予測シミュレーションも行われ始めてていますが、たとえるとあるカテゴリーの50種の商品から3品目を毎日別パターンで3日間特売を行う場合は16億を超える組み合わせとなって、業務として回すには現実的ではない。

しかし鼻先将来、わかりやすく最適な特売の商品・価格を決定することの方が可能になるかもです。しかし「いつ」「何を」「いくらに」やるべきか、また「その時合のチェーンストア全体の売上は如何なっているか」とかいということは担当者の経験と勘で決められることが多く、論理的に説明するのは簡単じゃない。

さらに、キャンペーン商品の売上が伸びても、他の商品のマイナス幅が大きかったり、総利益が降下してしまいましたとしてましては、ビジネスとしましては失敗となる。それを可能にするのがNECの予測型意思決定最適化技術というAI技術だ。

このようAI技術は以前は未来的であって非現実的あげられますと考えられていたものの、今ではゆめゆめ非現実的なものでではなくなっていますのです。NECの検証によりますと、従来技術で数時間から数日かかっていった計算が1秒を待たずに完了し、チェーンストアの売上を約11%増加出来る価格戦略を算出できたという。


ホーム RSS購読 サイトマップ